志望動機を考える

The man so happy

先ほどのページではjavaの求人に応募した際に必ず必要となる面接についての話をしました。好印象を与えるために何が必要であるかというのはお分かり頂けたはずです。ですが、面接においてもう一つ大事なことがあります。それは、javaの求人を選んだ志望動機についての答えです。面接では必ずjavaの求人を選んだ理由について聞かれることになります。そのときにどういった答えをするかが大事なんです。この志望動機で印象は大きく変わります。悪い例を知って、同じような失敗をしないように心がけましょう。
まず悪い印象を持たれる例として挙げることが出来るのが、条件面ばかりを志望動機として伝えることです。給料が良い、休みが多い、通勤しやすいなど、そういった条件面ばかりを志望動機にしてしまうと良い印象を持たれません。javaの仕事に対する思いを伝えることが出来ないんです。
また、前の会社と比較するような志望動機もあまり良くないでしょう。前の会社の悪口を言っているような印象になり、人間性を疑わることになります。この会社のどこに魅力を感じているかを、どこかと比較をすることなく伝えることが大事です。
さらに勉強がしたいという志望動機も良い印象を与えません。会社は学校ではなく仕事をするところです。勉強したいという言葉を口にすると、学生気分が抜けていないと思われるんです。
以上が志望動機の悪い例です。こういった志望動機を用意していた方はjavaの求人に応募する前に考え直すことが大事です。